安心して治療していただけるよう、心のふれあうカウンセリングを重視。
患者様一人ひとりに合った治療法を納得した上でお選び下さい。

連島あさの歯科では、何よりもカウンセリングを重視しています。
それは患者様の抱える痛みや不安、心情についてお話を伺い、その患者様の望むベストな治療法をご提案するために必要な時間です。
スタッフ一同、患者様の思いに真摯に向き合い、健康づくりのお手伝いを致します。

一般歯科

安心して治療して頂くための事前カウンセリング

「歯が痛い」「詰め物が取れた」などなど…。これまでに患者様が歯科医院を訪れる動機は、主にこのような消極的な理由から。患者様にとって「歯科医院に行く」というのは心のハードルが大変高く、特に初めての歯科医院への来院は、なおさらのものがあるでしょう。
連島あさの歯科では初診時、具体的な歯科治療に入る前に患者様とカウンセリングを行います。何が気がかりでどんな不安をお持ちなのか、どういう治療のゴールを目指したいか等、患者様の思いを捉えつつ、同時に安心していただけるような雰囲気づくりを行います。これは老若男女皆同じです。

スタッフの笑顔と心くつろぐ空間

心が和らぐアロマの香りが漂う院内にはクリスチャン・リース・ラッセンの風景画を飾ったり、オルゴール音楽やクラシック音楽を流したりしています。スタッフの笑顔と共に、患者様の五感すべてでくつろいでいただける雰囲気づくりに努めています。バリアフリー設計で、絵本やおもちゃを置いたキッズルームも完備しているので、お年寄りの方や車いすをご利用の方、小さなお子様連れの方も安心してご来院いただけます。

むし歯の原因追及と対策に重点

お口の中の2大疾患であるむし歯と歯周病は、原因菌こそ違うものの、ともに細菌による感染症です。これらはいずれも生活習慣が密接に関連しています。当院では、むし歯の治療ももちろん行いますが、「なぜむし歯になるのか」その原因追求と対策に重点を置きます。

話し合いの上、患者様一人ひとりに合った治療ゴールを設定

「見た目を重視したい」「機能性を重視したい」「経済性を重視したい」など、患者様は一人ひとり価値観が異なるので、治療のゴールをどこに設定するかは話し合いながら決定していきます。このカウンセリングに当院はできるだけ重点を置きたいと思っています。話し合いの際に、患者様にお伝えするようにしていることは、歯科医師・歯科衛生士は、患者様の「治したい」をサポートする役割であるということです。連島あさの歯科のスタッフは患者様と真摯に向き合うとともに、患者様の痛みや不安・心情に配慮して、最大限気配りに努めます。

むし歯治療について

治療中も治療後も痛みの低減に最大限配慮

患者様の痛みや不安な状態に配慮しつつ、それぞれに最適な除痛のタイミングを見計らいます。局所麻酔の使用前にはゼリー状の表面麻酔を使用し、痛みの低減に最大限の配慮をします。
むし歯に感染した歯質は、状況により「う蝕検知液」を利用しつつ、電気エンジンもしくは手用治療器具(スプーンエキスカベータ)を用いて、取り残しがないように除去していきます。この際、治療終了後に反応性の痛みが生じないように、歯髄に不要な刺激を与えないようにします。

歯の神経はできるだけ保存

歯の神経である「歯髄」はとても重要なので、できるだけ保存に心がけます。時には、そのために3カ月以上の期間を置く場合もあり得ます。ただし、治療期間の短縮に重点を置かれたい患者様の場合はもちろん意向を確認してからになります。

入れ歯

失われた口腔機能を取り戻す頼もしい存在である義歯(入れ歯)

義歯は、失われた口腔機能―すなわち、審美、咬合―を回復するものです。歯を喪失した状態で放置しておくことは、食物摂取の困難、歯列の不正、顔貌の乱れにもつながります。

カウンセリングを重視し、患者様の価値観に沿った義歯を製作

当院では義歯製作の際、カウンセリングにより患者様の意向を汲み、価値観に沿ったものを作れるように努めています。保険適用のものはもちろん、見た目や機能的に優れた保険適用外のものも取り扱っています。適切に設計された金属フレームや、金属色でなくピンク色をした「バネ」(=クラスプといいます)など、保険義歯にはない利点があります。生活をしていく上でとても大切なものなので、患者様一人ひとりのライフスタイルに適合したものを一緒に考えていけたらと思っています。

小児歯科

積極的に訪れたくなる歯医者さんに

お子様に関しては、できるだけ歯科医院は怖くないところであると、苦手意識を持たれないように配慮します。これは、お母様をはじめとする保護者の方にもぜひご協力を仰ぎたい点です。子ども時代にいったん苦手意識を覚えると、その後の歯科治療の必要性が生じた際にだらだらと受診を先延ばしにしてしまい、最適なタイミングで受診できなくなる可能性があるからです。
「歯を白くきれいにしたい」「健康に、おいしく食事をできるためにメインテナンスをしたい」など、積極的な理由で訪れる場所になりたいと当院は思っています。

むし歯のなりやすさテストや定期検診で改善を

連島あさの歯科では、むし歯のなりやすさのテストを実施しています。これは、検査結果が即日(20分後)、カラーチャートのように見えるので、お子様にも分かりやすく、おやつなどの食生活の見直しなどにも大変役立ちます。
また、乳歯は永久歯と比べてむし歯になりやすい傾向があるので、治療が終了しても定期検診が必須です。

予防歯科

自分の口内環境を正しく理解し、疾患を防ぐ

ある疾患を予防するためには、そのための正しい知識と実践が必要です。連島あさの歯科では、患者様一人ひとりがその意識を持ち、高めることができるように日々考えています。「正しい知識を身につける」という面では、まずご自分の口内環境を知るのが第一です。カウンセリング時に行う口内の細菌を顕微鏡画像で見ることで、正しいケアの必要性を実感いただけるはずです。

定期検診でのメインテナンスをお忘れなく

当院では口内疾患の原因をなるべく排除するための、様々な予防手段のご提案が可能です。また、定期検診でのメインテナンスも大切なポイント。基本的に3カ月に1回ペースでの検診が理想的ですが、歯周病など何らかの疾患でクリーニングなどを必要とする場合は月1回など患者様それぞれのペースで検診を行っていただきたいと思います。妊婦さんの検診も受け付けていますのでお気軽にお問い合わせ下さいね。